シモキタフロント外観

こんにちは
SHIMOKITA FRONTです。
下北沢の駅前にあったら嬉しい
素敵なお店ばかり集まってくれました。
街を散歩がてら遊びにきてください。

フロアーガイド


B1F
ロフトプロジェクトの新店舗(ライブハウス&バー)

1F
猿田彦珈琲(カフェ)
昭和信用金庫(ATMサポートプラザ)
Gong Cha(中国茶&タピオカ)

2F
gastropub GOZO(クラフトビール&グルメバーガー)
未定(飲食店)

3F
Lin’ne Terrace(美容室)
CHOICE produce by RAINBOW(古着屋)

4F
Flight Lounge(カフェ&バー)
シモキタフロント事務所
まちピアノ(予定)

5F
下北沢駅前歯科クリニック
Thema(美容室)

ご注意事項

  1. 多目的トイレ、女子トイレは2階の共有部にあります。
    ご利用の店舗でキーを借りてご利用ください。
  2. 防犯のため、エレベーター内など館内10箇所以上で24時間録画しております。
  3. 屋上は関係者以外立ち入り禁止です。
  4. エレベーターは地下及び屋上には停止しません。

SHIMOKITA FRONT開業にあたって

ちょっと長いですが興味あったら読んでください

下北沢には、古くからの住宅街としての顔以外にさまざまな新しい顔があります。沢山のライブハウスがある音楽の街、小劇場が多い演劇の街、おしゃれなカフェがある街、サブカルの街、古着屋さんがとても多い街、最先端の美容院がある街、カレーフェスティバルの街、気軽にはしご酒が出来る街、美味しいクラフトビールが飲める街、アナログレコード店が多い街、最近はタピオカ屋の多い街という新しい顔も加わっている様です。幸いなことに街の中心部に広い道路が無く、自動車が入りづらいという特性から、路地裏も発展し、街歩きが楽しくなるような、ここにしかない個性的な物販店、飲食店なども数多くあります。そんなエネルギッシュで魅力いっぱいの下北沢は、唯一無二の街として日本国内はもとより、世界中から多くの観光客が集まってきています。つい最近には世界各国で発行されている情報誌TimeOutで「世界で最もクールな50の街」ランキングで2位になったという事も大きな話題になりました。

SHIMOKITA FRONTは、その名のとおり下北沢駅の真正面に位置しており、駅に降り立った多くの人が最初に目にする建物になります。内外から注目を浴びる街、下北沢の第一印象として、どのようなプランであるべきか、考え、悩み、街の未来予想図を肴に酒をのみ、時にのみすぎ(笑)、とにかく多くの時間をこのプランの為に費やしました。初めて下北沢を訪れる人にとっては他の何処とも似ていない個性的な街としての印象を与えたい、同時に自分はこの街の住民として駅前をほっとする憩いの空間にしたい。とはいえ、それはノスタルジックな昭和の風景ではなく、50年後100年後の将来の世代が自分の街のプランに誇りを持って故郷といえる風景にしたい。勿論、いち個人がそんな大それた事業を成せるはずもありませんが、これらの様々な相反する難問に対する私なりの答がこの個性的な外観を持つ建物です。

最大の特徴といえるのが外壁に銅板を使用したことです。銅板は神社仏閣の屋根材に用いられることも多く、極めて耐久性に優れた素材です。このことも選択した理由の一つですが、同時に銅は、他の建材には無い表面の色が次第に変化していくという実に魅力的な特性を持っています。最初は鮮やかな光沢の銅色、数ヵ月をかけて赤銅色から落ち着いた暗褐色の煉瓦色になり、数年で重厚な黒褐色になる筈です。さらに数十年の時間をかけて、ゆっくりと緑青(ろくしょう)色に変化していきます。下北沢の数十年の時を外壁に刻み、吸収し変化させるという、実は結構壮大で気の遠くなる様なプロジェクトだったりします。
施主のわがままな要求に見事に答えてくれた設計の株式会社スピークと、全て丁寧に実現してくれた施工の白石建設株式会社には、感謝しています。

もうひとつの特徴は、株式会社ゴバイミドリの特別にこだわった緑化プランを取り入れたことです。下北沢は残念ながら緑がとても少ない街です。駅周辺には樹の一本もありません。SHIMOKITA FRONTでは憩いの空間には魅力的な緑が不可欠だという考えのもと、世田谷区の基準を大きく超える緑化を実現させています。単に緑化面積を稼ぐだけでなく、心地よい緑とは何かを考え、外来種は植えず、日本の野山に自生する在来植物だけにこだわり100種以上を選定しました。園芸種ではないので派手さはありませんが、どこか懐かしい感じのする草花たちです。来年からは下北沢の駅前で春夏秋冬の季節を感じて頂けると思います。開業時は冬なので、植物たちも寝ていますが、新緑が一斉に芽吹く春を楽しみに待っていてください。

さらに、2階へ上がる大きな外階段の壁に、イラストレーターの山下良平さんに壁画を描いてもらいました。絵の中に沢山の発見があると思います。是非じっくりご覧ください。

ふれておかなければならない事があります。今下北沢では駅前バスロータリーとタクシープールをつくる計画があり、着々と工事が進んでいますが、SHIMOKITA FRONTはこの計画をそのまま実行してしまう事には一貫して反対の立場です。下北沢に一番必要なのは、誰もが自由に集い、座り、休むことの出来る公園のような場所であり、駅前広場はそれが恒久的に実現できる下北沢地区唯一の場所です。車が入れる場所を少しだけ制限すれば、駅前には充分にその機能を果たすだけのスペースがつくれます。タクシー配車アプリの普及など、交通システムは急激な変化を遂げようとしています。現状の計画はこのことを想定できていないことは明らかです。一旦立ち止まって、未来の下北沢の街をどうするべきかを、真摯に考える時期が来ています。多くの方から意見が出されているとおり、人に優しいヒューマンスケールの街づくりを推進することが、この街の”下北沢らしさ”を維持するうえで何よりも大切です。この実現のためにSHIMOKITA FRONTとしても出来る限りの活動をしてまいります。

 

最後に大切なことをお伝えします。
沢山の素敵なテナントに入居してもらえました。
多くの人で賑わうスポットになりそうです。
こだわりいっぱいのSHIMOKITA FRONTに遊びにきてください。

2019年11月

シモキタフロント株式会社
代表取締役 柏 雅弘

Special Thanks

ACCESS

SHIMOKITA FRONT
東京都世田谷区北沢2-24-5

電車 下北沢駅
小田急線 東口、中央口 徒歩30秒
京王井の頭線 中央口 徒歩30秒

SNS